本文へスキップ

美食を楽しむ旅をご提案。高原の宿 伊豆さくら山荘

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.TEL.045-314-1477
またはTEL.0557-54-5656

ご予約はこちら

お食事dish

 旬の食材で美しく美味しく 新鮮な伊豆の食材

レストラン営業時間 心よりお待ちしております。
朝食:7:30〜9:00 夕食:18:00〜20:00

夕食 Aお品書き 夕食ABのコースは日替わりとなります。)

夕食Bお品書き 季節食材仕入れの関係で内容が変更になる場合がございます

 朝食(和食)                      

お品書き

朝食(和食)       


◎ミニバイキング(漬物3種、納豆、ふりかけ)をご用意しました。
お品書き お品書き
                
朝食(洋食)       

◎洋食の方もミニバイキング(漬物3種、納豆、ふりかけ)をいかがですか。
お品書き お品書き
 
  朝食時、ふりかけやお漬物,パンのミニバイキング。     夕食時、お食事の最後の〆に
                               お茶漬けはいかがですか。

information店舗情報

お飲物


  <初夏の献立

*ノルデックサーモンを軽く塩水に漬けて、更に、ジプロックにオリーブオイルと一緒に入れ、40℃の湯銭で1時間加熱します。まさに、「火が入った生」の口どけです。

*海老を生身と香味野菜で混ぜ合わせ、焼きあげました。伊東市で作っている心太に特製酢を掛けてあります。粟麩を焼き上げ田楽味噌を乗せてあります。酸味の気いた赤い果実のクランベリーを卯の花と和えました。鰯を煮込む仕上げに梅干しを投入してあります。

*静岡県産の鮪を長手作りに、今年は、不漁のさくら海老をお刺身で、今から旬の鱚を昆布締めにしてあります。地魚白身はその日のお楽しみに!

*伊豆長岡産の生湯葉を油で揚げ、筍、隠元を添えてあります。生湯葉は、外はカリッと、中はしっとりに仕上げています。残り汁を天汁代わりにしても美味しですよ。

*まだ油の乗っている鰆にパン粉、ガ ーリック、人参、玉ねぎなどを混ぜ、 焼きあげました。風味豊かな焼き物 です。

*茄子の間に生身を入れ挟み揚げに 、紅塩岩塩でご賞味下さい。

*白醤油に鰹出し、昆布だしを利かせ、白だし仕立てに仕上げました。うどんにすごく合います。

*葛粉に桃の汁を混ぜ込み、湯銭で火を通し、白桃葛きりを作りました。今度は、甘夏に挑戦したいです。抹茶のアイスに小豆を混ぜ、ぎゅうひシートで巻いてあります。


   初夏の献立B

*6月の豆腐、水無月を三角形に切り、氷に見立てて、今が旬の燕を人参で型取り天に乗せてあります。

*ボイル有頭海老に黄身寿司を詰めてあります。岩蛸の足を玉葱バジルマリネにしてみました。今が旬の筍を木の芽和えに、水雲の中に順才と梅を入れ爽やかに仕上げました。合鴨をスモークした物に特製蜂蜜マスタードを掛けてあります。

*静岡焼津産の鰹を叩きに、天使の 海老は、軽くボイルしてあります。水 蛸をそぎ身にしてあります。

*だだちゃとは、東北の言葉で枝豆を 指します。小茄子は一度油で揚げ、 和風のダシに漬けてあります。

*今が旬のアスパラを牛肉スライスで巻きタレ焼きいたしました。鮎並はピリッと胡椒の気いたレモン味に仕上げてあります。

*豚骨をベースに煮込み、醤油味に仕上げました。お客様には、小鍋で野菜と一緒に煮てもらいます。後味をひく鍋です

*チーズと牛乳をベースに柔らかめに仕上げました。上にココアパウダーを振りかけてあります。自慢の一品です。

伊豆さくら山荘
 料理長 佐藤 範明


夕食イメージ





spesharu.htmlへのリンク

ホエイ・プロテイン